読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アクチュアリー勉強進捗ブログ

アクチュアリー二次試験(生保)の勉強記録です

暇にならない

ことを言い訳に、何も勉強していません。

試験を終えたら、あれもこれもやりたい、勉強したいと思っていたのですが、仕事が忙しいことを理由に、ただただ無為に毎日を過ごしています。

これから自分がどうなりたいか等をふまえて、自分磨きに時間を使うようにしたいものです。

まずは、英語ですかね。これはネットの英会話とTOEICの勉強を少しずつ進めていくようにしよう。
それと並行して、データ分析の勉強をしようかなと計画中です。

ところで後輩達は最近どう過ごしているのだろうか。今度近況を聞きがてら飲み会でも開こうかな。

ちょっと間があきましたが

前回のラストでアクチュアリー試験の総括か二次の掘り下げを、と買いたので

今回は二次試験(生保コース)について、もう少し書きたいと思います。

試験の概要など細かい部分は割愛しますが、大きく、知識問題の第一部(50点)と所見問題の第二部(50点)の二部構成、

前半と後半でそれぞれ足切りが、6割と4割ということになっています。

が、第一部の足切りについては、生保コースに限っては、あろうがなかろうがほぼ無関係と考えます。

つまり第一部(以下前半)で6割取れないけど、第二部(以下後半)では6割以上取れる、というパターンは(理論上あり得ますが)、ほぼないと思われるためです。

で、合計で6割をどう取るかという話になるのですが、

前半7割後半5割か、前半8割後半4割(足切りギリギリ)、もしくはこれらのあいだということになります。

これは意見が分かれるところなので、絶対これが良いというのはないのですが、あくまで私見でいうと

前半8割後半4割(+α)くらいが、以下の理由から一番取りやすいと思います。

1.近年配点が変わった(後半の配点が増えた)ことで
、逆に前半の重箱の隅をつつくような問題が減りつつあること
例:昨年の問題でいうと、区分経理の意義と活用方法について、留意点を挙げつつ述べよ(正確ではないかもしれませんがこんな出題だったはず)

2.後半の配点が増えたものの、誘導形式で、知識問題の配点が一定あること

3.二次試験は時間の制約がきつい。最初から最後まで書き通しになりますが、所見を捻り出すのは、用意していた問題が出た場合以外、なかなか困難であること

の3点があります。1は教科書(監督指針)の丸暗記だけでは満点はなかなか取れないと思いますが

過去に所見で類題が出ているので、それを暗記したうえでコンパクトにまとめれば高得点を取れるはずです。

2についても、所見問題の一部であるものの、暗記だけで点を取れるということを示しています。

3については、一方、知識問題は覚えているだけで即点になるという点が挙げられます。
ただし、こちらも一定量の文章を書く必要があるため、時間の制約はあるという点には留意する必要ありです。

要約すると、教科書から出そうな問題を整理、暗記して
さらに過去に出た問題も暗記すれば、所見なんてほとんど書けなくても受かることができます。

まあその暗記がツラいっていう話なのですが、そこは試験なので仕方ないって割りきっていました。

教科書の再現にしても、キーワードを覚えて、自分の言葉で説明できるっていうのが理想ではありますが、私の場合はめんどくさいので丸暗記で済ましていましたね。

それが良いことがどうかわかりませんが、結果として試験に受かったので良しとしています。
だいぶ苦労しましたし、要領が良いかというとあまり良くはないかもしれません。

まあ結論としては、二次試験(生保コース)は、暗記を頑張れば受かる試験、として今回の記事を終えたいと思います。

昨年の試験について振り返り

この前ブログで報告しましたが、生保2合格という結果が出たので、それについて振り返りたいと思います。

勉強時間
トータルおよそ250~300時間くらい?

試験範囲全体は以前からさらっていたので、教科書の精読および暗記を4月から11月くらいまで

これが昨年の勉強の大半を占めていますね。範囲が広いので、覚えてもすぐ忘れてました。その度に復習です。

これと並行して所見の予想問題を作ったり、過去問を自分なりの解答に直してみたり、といった練習も少しずつしてました。
これは11月くらいから本格的にやっていたのですが、あとで後悔しました。もっとはやく始めておけばよかったと。
まあ前年に生保1を合格していたので、なんとなく所見の書きかたがわかっているという点が唯一の救いでした。

試験の自己採点としては、第一部40点+αと第二部20点と少し(足切りぎりぎりくらい?)といった感じです。

たぶん二次生保の点の取り方はオーソドックスだと思います。やはりセオリーとしては、前半八割とって所見足切り回避で合格というのが目指しやすい形かと。

今度は二次試験の分析の掘り下げか、アクチュアリー試験の総括的なことを書こうかなと思います。

合格発表

ご無沙汰してます。すでにここを読んでくれてる人がいるか不明ですが、2016年度の試験結果を報告します。

結果は…生保2に合格し、無事全科目合格となりました!

ということで、アクチュアリー試験はこれにて卒業となります。

いやー、長かった。たぶん10年前後かかったんじゃないでしょうか。
二次試験なんて勉強の仕方もわからず、範囲のあまりの広さに一生受からないかも、と絶望したこともありました。

でも一生懸命やってればいつか報われるんですね、諦めずに頑張って本当によかったなと思います。

特に一緒に勉強会をやってた、後輩たちには良い刺激とやる気をもらいました。
彼らも良い結果が出たようで、自分のことのように嬉しいです。

また近いうちに祝賀会でも開催したいと考えてます。
試験勉強録はまた後日アップしようかな。それでは今日はここまで。

一晩あけたので

試験の感想でも。

出来については正直かなり微妙です。合格でも不合格でも驚かない感じですね。
去年の生保1を受けたときよりかは手応えはないです。

以下は、もし来年も受けることになったときの、自分へのメッセージです。

○暗記も大事だが、ちゃんと理解して覚えろ
○そのせいで今年は勉強時間の大半を暗記に費やした
○所見はなるべく早くから、自分の手で、書く練習をすべし
○いろいろな問題設定を想定し、出たらどう書くかを考えておく。キーワードだけでも。
○所見を書くときは、論点に対して事実だけに留めないこと。その解決方法やメリデメまで踏み込んで書くことが大事。

と、いろいろ説教ぽく書いたところで終わりにしときますかね。
総合的には、今年もまあまあ頑張ったと、自分を少しだけほめてあげたいです。

試験受けた人はお疲れさまでした!発表までは一旦忘れて、のんびり過ごしましょう!

明日から試験ですね

何回かアップローダーにアップしようとしたんでが、うまくいかず

結局所見を挙げるのはやめておきました。

読みたい人がいればまた別の機会にでも公開したいと思います。

さて、全然万全な状態ではないのですが、いよいよ試験がはじまりますね。

僕は最終日ですが、明日の数学の試験がある人は頑張ってください。

一緒に勉強してきた後輩達は明後日から試験が開始しますが、
お互い実力(以上のもの)が出せるよう体調に気を付けて頑張りましょう!

忘年会か新年会になるかわかりませんが、それを楽しみに頑張ります!

good luck!!

正念場

暗記もしつつ所見の構成を考えたりと、自分なりには頑張ってます。

覚えても覚えても2日経つと忘れてるのは能力のせいか歳のせいなのか。。。

さて、この前ブログで書いていた所見問題については、週明けくらいにでもアップしましょうかね。

いつも手で書く練習をしてるので、ファイルにはしてないのです。。。

一番気になってるのは、後輩たちみんな勉強順調なんだろうかということ。U君は上々の模様だけど、他がわからない。。。

こっちは何とか勝負できそうなとこまで持ってきたんで、お互い負けないよう最期まで頑張ろう!

いよいよ

小中問の暗記がおわったので、今は所見のパーツ集めです。

個人的な予想としては、今年はソルベンシーと利源分析が怪しいと思ってるので

その2題については論文を書いてアップするかもです。

所見問題は題意に沿った論点を、いかに素早く思い付いて、かつたくさん列挙できるかがポイントかと。

そこらへんの練習を明日から重点的にやりますかねー。

わりと良いとこまできてると思うので、あと少し頑張りたいと思います。

ねむい

毎日暗記して暗記して所見の練習もして…さすがに疲れてきますねー。

最近はそろそろ今年の出そうな問題を予想したりして、所見問題の準備をしてます。

過去問の解答を読んでると、当たり前のこと(事実)ばかり書いてあり、所見をどのように盛り込んだら良いかいまだによくわかりません。

解答を書ける量からいっても、何をどれだけ書くかというのがかなり重要な戦略になるかと思います。

なので、問題を見る→5分くらいで何を書くか構想を練るって練習を毎日やってます。

12月入ったら毎日1題は実際に一時間くらいとって書く練習をするようにしますかね。

後輩の所見を読んでやる気をもらったので、こっちも負けずに勉強するぞー、と意気込んで日記書きました。

ではでは、明日もがんばりましょう!

踏ん張りどころ

いよいよ10月も終わりそうですねー。

今月までにインプットを粗方終えて、来月からアウトプットの練習に入ろうと思っていたのに

まだそこまで到っていません。

やばい状況ではありますが、焦らずに少しずつでも頑張ろうと思います。

これを読んでいる人も、諦めずにがんばりましょう!

試験が終わったら飲みまくり食いまくりの年末にするぞー!